ニュース一覧

第15回記念フロイデコンサート~シェトラー教授と仲間たち~

15thfreudekonzert

ミュージックグループフロイデは、記念すべき15回目の演奏会を開催する運びとなりました。鹿児島で発足し、鹿児島の多くの音楽家たちの指導に長年携われてきた、ウィーン音楽大学元教授のノーマン・シェトラー先生をお迎えし、また、鹿児島の伝統楽器である薩摩琵琶奏者である島津義秀さんをお迎えしての演奏となります。フロイデの研究・演奏活動を通して彼とともにウィーンと鹿児島で常に交流をしてきた縁を大切に、多くの鹿児島の方々に素晴らしい音色を堪能していただきたく思います。

皆様のご来場をお待ちしております。

 

第15回 フロイデコンサート ~シェトラー教授と仲間たち~

〇日時:2017年10月7日(土)午後7時開演(午後6時30分開場)

〇場所:サンエールかごしま2階講堂

〇出演者:ノーマン・シェトラー、島津義秀(以上ゲスト出演)

     中島一光(鹿児島国際大学教授)

     井手口希歩、井上美涼、今川雪菜、古賀晶子、住吉智子、竹原香織、松元麻華、安田千夏、山口栞

〇プログラム:バッハ=ブゾー二:シャコンヌ    ラヴェル:「鏡」より 道化師の朝の歌

       シューベルト:楽興の時より     ラフマニノフ:練習曲「音の絵」より作品39-8

       ショパン:スケルツォ第3番     ドビュッシー:子供の領分より

 

       シューベルト:幻想曲 ヘ短調 D.940

       ミヨー:スカラムーシュ

       ラフマニノフ:ロシア狂詩曲

〇入場料  一般:2000円 大学生以下:1000円  中学生以下:500円

      チケットは市内プレイガイド、フロイデ会員よりお求めいただけます。

〇後援:鹿児島国際大学、鹿児島市教育委員会、南日本新聞社、KTS鹿児島テレビ、MBC南日本放送、KYT鹿児島読売テレビ、KKB鹿児島放送

〇問い合わせ:090-7397-1737(フロイデ事務局住吉)

 

2017年08月29日

ノーマン シェトラー先生来鹿

6月2日と3日にノーマン シェトラー先生が鹿児島に来られます。留学を終えてかれかれこれ20数年にわたり、年に2回の来鹿で、多くのピアニストのレッスンをされてきました。今回も2日間ですが、素敵な時間を共有できると思います。お楽しみに!

2017年05月14日

ご来場いただきありがとうございました。

12日に開催されました鹿児島国際大学教員定期演奏会に、大雨の悪天候の中、多数の方々にご来場いただき、ありがとうございました。素敵な時間をお過ごしいただけたのではないかと思います。これからもまだまだたくさんある素敵な楽曲を演奏していきたいと思います。どうぞ次回もご期待ください。ご来場、またお気遣いに感謝しております。

2017年05月14日

演奏会いよいよ5月12日となりました。

鹿児島国際大学第17回教員定期演奏会の開催が迫っております。来る5月12日(金)午後7時からかごしま県民交流センター県民ホールです。入場無料。どなたさまでもご入場できます。私はピアニストの大迫貴さんとの連弾で、シューベルトの幻想曲ヘ短調D940を演奏いただいます。ぜひ皆さま、ご来場ください。

2017年05月06日

第10回バッハの学校鹿児島講座受講生追加募集のお知らせ

バッハの学校鹿児島講座では第10回~13回の講座の受講希望を追加募集いたします。4回1組の講座は、各回ごとでもお申込みいただけます。興味おありの方々は下記事務局までお問い合わせください。

 

■申込・問合せ事務局:ミュージックグループフロイデ内「バッハの学校」鹿児島事務局(担当:中島) 
e- mail:scholabachen.kagoshimaアットgmail.com
※上記メールアドレスのアットを@に変更してください。

2017年03月22日

2017年もよろしくお願いします。

★3人のピアニストによるトーク&演奏が3月19日に開催されます。ぜひご来場ください!

★バッハの学校鹿児島講座は10回を記念し、4回セットでシリーズ講座を開催します。詳細はバッハの学校鹿児島講座のページをご覧ください。 

 

2017年01月26日

第6回3人のピアニストによるトーク&演奏の情報更新

演奏会の案内をお知らせいたします。皆様のご来場をお待ちしております。

★音楽家からのメッセージ
     第6回 3人のピアニストによるトーク&演奏
   ~音楽の捧げものと復活の春~

●出演者:大井美佳、中島一光、三島良子
●2017年3月19日(日)午後2時開演
●アコスタディオ(東京都渋谷区神宮前1-23-27)
●入場料:3000円(全自由席)
●プログラム

  第1部 神への捧げもの
    J.S.Bach 音楽の捧げもの 3声のリチェルカーレ
    W.A.Mozart 幻想曲 ハ短調 KV.475
    L.v.Beethoven ピアノソナタ ハ短調 op.13 第1楽章
    F.Chopin ノクターン ハ短調 op.48-1
    <連弾>
    F.Schubert 幻想曲 ヘ短調 D.940

  第2部 創造の地への旅立ち 
    F.Mendelssohn 無言歌集より op.62 舟歌、春の歌
    F.Chopin ノクターン 変二長調 op.27-1
    J.Brahms バラード ロ長調 op.10-4
    <連弾>
    C.Debussy 小組曲 

チケット予約は中島まで。kazconcert@gmail.com にて、お名前、電話番号、メールアドレス、予約チケット枚数を記入の上、送信ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2016年11月27日

第9回バッハの学校鹿児島講座が開催されました。

10月22日と23日に第9回「バッハの学校」鹿児島講座が丸山桂介先生をお迎えし、開かれました。今回のテーマは「音楽の捧げもの」とピアノソナタ作品13「悲愴」、モーツァルトのハ短調の関わりです。バッハの「音楽の捧げもの」の冒頭テーマは、いろいろな作曲家がテーマの根幹として使っていますが、その理由はどういったことなのか。その魅力に迫り、さらにOpferという言葉に隠された意味、「悲愴」という名は何を意味し、何を表したかったのかについてのお話でした。それに関連して、「フォルトゥーナ(運命の女神)」の意味するもの、旋法論からのアプローチと音の宇宙観、音楽表現をするために必要な知識を得る機会となりました。演奏の根幹を揺るがすセンセーショナルな内容でしたが、春の雪解けのごとく理解が深まったのは、参加者の皆さんの共通する体験だったのではないでしょうか。次回は来年4月です。

2016年10月25日

2016年の活動記録を更新しました。

★2017年バッハの学校鹿児島講座の詳細をアップしました。

★第9回バッハの学校鹿児島講座、終了しました。次回は4月の予定です。

★門下生の井手口希歩さんが、11月22日(木)かごしま県民交流センターで開催されます第7回音楽学科吹奏楽演奏会のF.リスト作曲 ハンガリー民謡旋律にもとづく幻想曲のピアノソリストを務めます。どうぞご来場ください。

★第26回日本クラシック音楽コンクール佐賀地区本選の審査をさせていただきました。

★「バッハの学校」の公式ホームページをリンクしましたので、どうぞご覧ください。
★「バッハの学校」HP内に、鹿児島での講座の案内が掲載されましたので、私のHPでの講座案内は「鹿児島講座」としてしばらくご紹介させていただきます。
★第14回フロイデコンサートを7月14日(木)に開催いたしました。皆様のご来場ありがとうございました。。
★鹿児島市春の新人賞40回記念公演終了いたしました。ご来場いただきまして、ありがとうございました。
★3人のピアニストによるトーク&演奏(東京)終了いたしました!ご来場ありがとうございました。。
★第8回バッハの学校鹿児島講座のご紹介を掲載いたしました。ご覧ください。
★門下生の活躍に加筆させていただきました。ご覧ください。
★3月の演奏会情報をアップしました!ご覧ください!

2016年10月21日